GoogleドキュメントとWordPress を連携して、ブログ投稿の容易化!(Markdown でブログを書いている版)

Blog

Google ドキュメントと WordPress を連携させることで、Google ドキュメントをブログ下書きとして使うのが、便利になります。本記事では、Google ドキュメントと WordPress を連携させる方法を紹介します。なお、Markdown でブログを書いている場合でも適用する方法も記載します。

今回やりたいこと

Google ドキュメントでで下書きしたものを、そのままWordPress へ投稿できるようにします。

また、WordPress の記事は、以下のプラグインを使って、Markdown で記載します。

  • WP Githuber MD

以下の記事を参考に進めていきます。

GoogleドキュメントとWordPressを連携するには?WordPress.com for Google Docsが超便利!
何かと便利なGoogleドキュメント。 私は外注さんとのやり取りなどに利用していますが、文章をネット上で共有できるのでとても重宝しています。   その上、Google ...

手順

WordPress Jetpack プラグインの導入

  • WordPress の管理画面で、「プラグイン」。私の環境では、既にインストールはされていたようなので、「Jetpack を設定」。

アカウントを選択する。

プランを選択する。

その後、必要に応じて、設定をする。

WordPress 設定画面でプラグインを表示して、「Jetpack」で検索すると、有効化されていることが確認できます。

Googleドキュメントにアドオンを追加する

Google Workspace Marketplace のサイトで、「wordpress.com」で検索して、「WordPress.com for Google Docs」を選択する。

「インストール」を選択。

ダイアログが表示されるので「続行」を選択。

「アカウントの選択」、アクセスの「許可」をすると、インストール完了のダイアログが表示されるので、「完了」。

Googleドキュメントでのアドオン設定

Google ドキュメントを開き、「アドオン > WordPress.com for Google Docs > Open」を選択。

「Add WordPress Site」を選択。

「Approve」を選択。

ユーザ名、パスワードを入力して「ログイン」を選択。

再度、「アドオン > WordPress.com for Google Docs > Open」を選択すると、対象のブログサイトが表示されて、設定完了です。

WordPress への投稿

Google ドキュメントをMarkDown記法で、ブログ記事を記載します。

編集が終わったら、「アドオン > WordPress.com for Google Docs > Open」で表示した画面で「Save」を選択。

「Error」が発生した場合は、もう一度「Save」を実行すると、うまくいく場合があります。

うまくいくと、「Save」ボタンが「Update」ボタンに変わります。

WordPress の管理画面をみてみると、、、できてます!

内容をみると、HTMLなので、MarkDown に変換するため、「Convert」します。

いい感じに変換されているようです。

「プレビュー」で表示させると、画像もいい感じで反映されています。

編集の際、タグや、カテゴリーも設定できます。

なお、一度、WordPress側で修正してしまうと、その後、Google ドキュメント側で修正して、「Update」しても反映されませんでした。本来は、反映される筈ですが、バグがあるのかもしれません。

まとめ

WordPress を Google ドキュメントと連携させることで、以下のようなメリットがあると考えます。

  • Google ドキュメントだと、画像の貼り付けも簡単なので、編集しやすい。
  • Google ドキュメントのオートセーブで、保存前にデータが飛ぶことがなくなる。
  • Google ドキュメント がバックアップにもなる。

また、今回の実験で、WordPress の記事をMarkDown で書いている場合でも、適用できることが確認できました。

これからは、Google ドキュメントで、どんどんブログを書いていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました